【G&G GC16 MPW9】チャンバー・パッキン・スプリング交換備忘録

12月中旬頃にひっそりと(中古で)購入したG&G製のGC16シリーズ MPW9WildHogが有名だけにあんまり目立たないが、同じイフリートモーターを積んだ電子トリガーに期待が高まってはいます実家に帰省したタイミングで少し弄ってみたのが今回の備忘録。今回はチャンバーアセンブリを学ぼうということで、初めてチャンバーやパッキン、押しゴムを交換してみた。(あと分解してスプリングも)購入してきたのはライラクス製メタルチャンバーPDI製 Wホールドチャンバーパッキン有名な電気なまず(甘口)これらを使ってチャンバーアセンブリ周辺を見直してみる只…思いの外、作業は簡単だったサクッとハンドガード付け根にあるアッパーのフレームピンを叩いて押しやる※引き抜けません。途中で止まるので叩き過ぎ注意そうするとアッパーフレームが引き抜ける既にチャンバーが見えている…チャンバー全体近くでみるとこんな感じG&G特有の固定部品が存在しているのがわかるチャンバー自体を比較するとこのような感じ今回ライラクスのメタルチャンバーを採用した理由はダイヤル式だからだ縦方向でHOP調整する場合、弾の威力で調整位置がズレる可能性があることを知り横方向であるダイヤル式に辿り着いたのである(SIG552やHK417もダイヤル式だった。PATRIOTは違うなぁ…)まずは純正チャンバー及びパッキンを外す。グリスでベタついているが、そこまで力入れることなくパッキンは引き抜けたメタルチャンバー部品設計書を見ながら仮組みしていくが、ここもそこまで難しい…

続きを読む

【HK417】不動問題

先日サバゲー定例会に参加した際、久々にHK417を持参。最近は軽量のPATRIOTやSIG552,MP5A4に押され、重量級HK417は出番がなかったが、自分が初めて購入した銃ということで思いやりもあり、色々とカスタムもしてきたわけで…つまりリポ化や軽量化の効果も試してみたいのもあり…意気揚々とスタートしたのだが。。。 お昼過ぎぐらいに、トリガーを引いてもうんともすんとも言わなくなったHK417あれ…バッテリーがなくなったかな? ⇒ リポの電圧チェックするも問題なしでは…配線が切れた…!? ⇒ 確認するも問題なしんん…ヒューズか!! ⇒ 全く問題なし 不明で泣きべそかいていたところ、チームの人に診てもらったところ”ピニオンギアは動こうとしてるみたい”とのお言葉。よーく聞き分けてみると、バッテリーを繋いでトリガーを引くと小さい音で カチッ と聞こえるではないか!!つまり…何らかが原因でギアが回らなくなったわけだ。"これは…入院だね…"目の前が暗くなり、チームの人の声が徐々に遠のいて聞こえた… さて冗談はさておき、入院 = ショップ送り などにさせないぞ!(そんな金もない)ということで原因究明&修理を兼ねて初めて次世代のメカボをご開帳することにしたので以下、備忘録です。 スタートはここから 先ずは中央のピンを抜く すると、早速アッパーとロアーが分離できる。HK417がそうなのか、次世代がそうなのか分からないが、チャンバーアセンブリにアクセスしやすいのは良いと思う まだチャーハンの連動部分…

続きを読む

【パトリオット】スプリング交換 & 後方配線 その2

前回( http://bellied-newt.seesaa.net/article/m4_patriot_rearwiring_1.html )からの続きで、パトリオットのメカボックスを露にしていきたい。 スプリングガイドを固定しているネジを外して特徴でもあるストックレス部品を取り外す。尚、オフセットジョイントを取付ける際にネジ自体は流用できる。 マガジンキャッチを外す。本当に手の小さい私には有難い形状。 パトリオットはあまり小さな部品はないが、なくさないように心掛けたい。 続いて、グリップエンドのネジを外す。サイズが違うので覚えておくこと。(備忘) EG-3000 HCがお目見え。正直、初心者の私では性能等はちんぷんかんぷんであるが、名前の通り、HCの為のモーターなのだろう。 モーターを抜き取った後、裏側のネジ二本を緩めていく。緩めた結果引っ掛かっており、私の場合、抜けはしなかった。 グリップが外れる メカボ先端にあるノズルキャップ? チャンバー? を押さえている部品を外す。これも小さい。 メカボを貫通しているピンを抜く。どうやら方向があるらしく。ザラザラしている側から抜かないようにする これでメカボが外れるが、外す際に、チャンバー? 部分を引き抜いておく。 なんとかかんとかメカボックスを引き抜いた。前後に動かしながら、なかなかな労力。 配線押さえ…パトリオットはほんとに配線押さえが多いな…外します。後方配線仕様にする為、組み上げし直す時も取り付けなかった ということ…

続きを読む